<   2005年 02月 ( 347 )   > この月の画像一覧
ボビーCM出演
芸能ニュース : ボビー・オロゴンがCM出演

またよりによって音楽CDのCMってのがスゴい…ミスマッチのような予感がしますが、まあ実際にCM見ないと判りませんね。明日の「ジャスト」あたりで見られるかな?

「からくりTV」をまったく見ないし昨年の大晦日はずっとテレビ埼玉を見ていた(か、テレビ消してた)私は、まともに彼を見たのは元旦の「スポーツマンNo.1決定戦」だけなのですが、彼はもう他の誰よりも画面に映る回数は多かったのではないでしょうか(少なくとも顔のUPが映った回数は1番だと思う)。ほとんど全員初めて会った人たちばかりだと思うのですが、ちっとも物怖じしないし、表情が豊かだし、平気で失礼なことしゃべっちゃうし(でも許される)、運動能力もなかなか高いので、番組中では一番目立ってたと思います。
次回の「芸能人編」でもひょっとしたら出るのかな? 格闘技はもうやらないとか言ってたようですが。
[PR]
by dummyxj-si | 2005-02-28 01:49 | ニュースに的外れ
開幕へ着実に時は進むが
GNP(国民総生産)よりGNH(国民総幸福)≫という素敵な国家目標を掲げる国・ブータンのパビリオンがピンチだそうです。

愛知万博にサポーター参加する人たち | Excite エキサイト

記事にリンクのあった「ナムゲ カンザン」のトップページの「このサイトについて」を読むと、工事の遅れには受け入れ側である日本側のはっきりしなかった支援体制が大きな原因としてあるようです。

日本国内の盛り上げ不足が反映されたのかな…と思ったりもします。関連ニュースが出てくるようになったのは今年になってからですし、TVCMもつい最近流れ始めたぐらいですしね。
ちなみにモリゾーとキッコリのアニメは去年から放映されてましたが、それが愛知万博のキャラだと知ったのはつい最近です、私は。
国内開催だからって、全国民が無理して盛り上がる必要はないと思いますけれど、運営側までそれじゃあねぇ。
[PR]
by dummyxj-si | 2005-02-28 01:29 | ニュースに的外れ
今日は「ビスケットの日」
安政2年(1855年)の今日、長崎のオランダ人から教わったビスケットの作り方を手紙にして送ったという史実と、ビスケットの語源がラテン語の「2度焼かれたもの」であることから、昭和55年に制定されたそうです。詳しくは「(社)全国ビスケット協会:2月28日はビスケットの日」を参照ください。

その他、江戸幕府が最初の鎖国令をを発令(1633)した日でもあります。
[PR]
by dummyxj-si | 2005-02-28 00:42 | 的外れる日々
なかなか悪趣味ではある
行くところを行き過ぎた感はあります。

車に轢かれて死んだ動物形のグミ菓子が販売停止へ | Excite エキサイト

説明を読む限り、「車で轢かれてペッタンコ(背中に車輪の跡あり)」というマンガチックなコミカルなもののようです。とはいえ、やっぱり子供向け食べ物に「動物の轢死体」というのはさすがにまずいでしょう。

ただ、ニュージャージー動物愛護協会広報さんの「この商品は、子どもたちに正しい情報を伝えていません 」というのを読むと、「じゃあリアルに作って正しい情報を伝えればよかったの?」と揚げ足を取ってみたくなる私です。もちろんそういう問題じゃないのですが。
[PR]
by dummyxj-si | 2005-02-27 20:19 | ニュースに的外れ
「華氏911」と「キャットウーマン」が主要賞を分け合う
もちろんラジー賞の話です。

芸能ニュース : 米ラジー賞、最低主演男優賞にブッシュ大統領

ちょっと整理してみました。

作品賞:「キャットウーマン」
主演男優賞:ブッシュ大統領「華氏911」
主演女優賞:ハル・ベリー「キャットウーマン」
スクリーンカップル賞:ブッシュ大統領&ライス国務長官「華氏911」
助演男優賞:ラムズフェルド国防長官「華氏911」
助演女優賞:ブリトニー・スピアーズ「華氏911」
監督賞:ピトフ「キャットウーマン」
脚本賞:「キャットウーマン」

ちなみにラジー賞オフィシャルサイトでは記事にはない賞も含めて全て発表されています。

現在、導眠本として「映画欠席裁判」を読んでる私としては、「25年間で最もダメだったドラマ」賞を「バトルフィールド・アース」が取ってるのがいい感じです(笑)。


ラジー賞オフィシャルサイト英語


2005/03/01追記
今年のラジー賞は史上初!受賞者自身が初めてセレモニーに参加しました。
それはなんと、主演女優賞のハル・ベリー! アカデミー賞のありがちな受賞コメントをパロった感謝コメントを述べて会場の笑いを誘っていたようです。
"最低映画賞"ラジー賞にブッシュ大統領とハル・ベリー|Excite
…しかし、とうとう本人が出てきちゃったかぁ…皮肉が通じる相手が出てきたのは面白いと思いますが、反面今後のラジー賞に変な影響がなければいいなとも思います。
[PR]
by dummyxj-si | 2005-02-27 18:49 | ニュースに的外れ
合併するか否かまで立ち戻ってしまった
地名というのはそれだけ人に影響を与えるものだというのを、もっと早くから考えておけばよかったのに…お偉さん方も。

社会ニュース : 美浜、南知多町が住民投票 セントレアの市名、焦点

17日に開港した中部国際空港(愛知県常滑市)の愛称「セントレア」にちなんで決めた新市名「南セントレア市」を、住民の反対で白紙に戻した同県美浜町と南知多町は27日、合併の是非を問う住民投票と、新市名を決める住民アンケートを実施した。
 即日開票し、28日午前零時ごろには新市名が決まる見通し。
 アンケートは「セントレア市」「知多市」「美市」など12の候補から選び、最多得票の候補が新市名となる。住民投票は投票率が50%未満の場合は開票しない。
 合併後の新市は常滑市の南に隣接。セントレアは英語の「セントラル」(中部)と「エア」(空)を組み合わせた造語。


ここに挙げられた候補には全て“南”の字が含まれているあたりが、合併2町間の力関係を象徴しているように思うのは勘繰りすぎでしょうか。
しかし、これこそ正に「政治ニュース : <市町村合併>ひらがなの自治体30に 合併相手の刺激避けこのニュースへの私のTB)」で言ってる“衝突を避けるため”の名前だったんでしょうね、会議の席上では。でもその結果こんな事態になってるということは、結局会議の主席者に民意を持ってきた人はいなかった、ということなのでしょう。

2005/03/01追記
合併の是非にまで立ち戻ってしまった南セントレア市ですが、住民投票の結果、合併自体が白紙になってしまいました。
政治ニュース : 「南セントレア市」ならず 住民投票で合併不成立
地名だけが原因ではないと思いますが、新市名が決まりかけていた合併が再投票にまで戻ってしまった大きな原因になったのは間違いないわけで…この市名に決めたお偉方はどんな気持ちでいるんだろう。
[PR]
by dummyxj-si | 2005-02-27 18:17 | ニュースに的外れ
自分でついた嘘を真実と信じ込む
政府・大統領を騙したインドのホラ吹き少年が言ったコト | Excite エキサイト

政府も大統領もおバカさんだなぁ…。これだけ盛大に誉めそやしたり、総理との面会を決めたり、国歌規模の大騒ぎをする前に、まず本当かどうか調べるでしょ、普通。

この記事から読み取れる少年の発言で、真実は「マスコミは皆、あらゆる質問をぶつけてきて、そして僕のことをペテン師よばわりするんだ 」ってとこだけですよ、どうやら。

こんなコドモに国が踊らされてちゃダメじゃん。
[PR]
by dummyxj-si | 2005-02-27 13:57 | ニュースに的外れ
花粉の化石
死してこそ、ヒトに役立つ花粉かな | Excite エキサイト

花粉の外殻は頑丈で、受粉できないと形を崩して土に還らずに、そのまま地中に埋もれて化石として残る…んだそうです。

何よりも花粉に外殻があること、更にそれが非常に頑丈であることを、この記事を読むまで知りませんでした。
花粉の化石から気候の確認ができるというのは何となく判りますが、でも花粉なんて小さいものを見つけるのは大変なんじゃ? なんてのはシロウト考えなのでしょうかね。
[PR]
by dummyxj-si | 2005-02-27 00:59 | ニュースに的外れ
ドザエモンのフリって…
へー。「サンドイッチマン」って「ナイター」みたいな和製英語じゃなかったんだ。

昭和のサンドイッチマンは凄かった | Excite エキサイト

確かに↓は凄いです。

しかし、そんなサンドイッチマンの中でも創意工夫を凝らした人もいて、下駄をスタンプにして地面に広告を打ちながら歩くサンドイッチマンや水死体を装い数寄屋橋下の川に浮くサンドイッチマンもいたのだそうだ

でも…この辺まで来るともはやサンドイッチマンじゃないような気がします…。それに記事本文でも書かれてますが、水死体はマズいだろ。注目はあびるけど、一回こっきりしか使えないだろうし。
[PR]
by dummyxj-si | 2005-02-27 00:37 | ニュースに的外れ
今日は「新撰組の日」
1862年の今日、新撰組の前身である「壬生組」が結成されたんだそうです。

あと、今日は「NHKが総選挙開票速報を初めて放映した(1955)」日でもあるそうです。
[PR]
by dummyxj-si | 2005-02-27 00:24 | 的外れる日々