雷の常識を考え直してみる
間違いだらけの雷の常識 | Excite エキサイト

私は(1)(4)は勘違いしていました。
とにかく、まず「周囲で一番高いものへ落ちる」というのがポイントですね。覚えておきます。

学校に通ってた時には、何度か落雷の稲光を見た記憶があります。学校みたいに窓が広いと、外がよく見えるんですよね。それで落雷が起きるような状態じゃ授業なんて受けてられない(オイオイ)から窓の外ずっと見てますから。
そういえば、以前職場で落雷のせいでブレーカーがストーンと落ちたこともありました(泣)。もうその日仕事する気にならなかったですが、とはいえ仕事しないと仕事にならないので、ウンザリしながら途中で消えた仕事を思い出しつつ復元していきましたよ…辛かった。
[PR]
by dummyxj-si | 2005-02-25 01:11 | ニュースに的外れ


<< 「ホーホケキョ」は誘いの言葉 今日はルノアールの誕生日(1841) >>