やっぱよくわかんない
キャデラック墓地(?)オーナーの妙な作品 | Excite エキサイト

まぁ少なくとも「キャデラックランチ」は≪テキサスの農家で金持ちのマーシュさんが、自分の農場の一角にちょっと変わった物を置きたくて芸術家に創ってもらった≫というもので、道楽という側面が大きいように感じます。
実際このキャデラックは、観光客に≪是非ともスプレー缶のペンキを持参して何を描いてもいいよ≫薦めているそうで、そういうスタンスまで含めて「芸術」なのでしょう。

でも、マーシュさんが自ら手がけた変てこな看板作品には「落書きも許さない」らしいので注意です。その辺も、やはり「芸術」なのでしょう。触れていいものといけないものがある、というのが。
[PR]
by dummyxj-si | 2005-02-21 00:55 | ニュースに的外れ


<< シンプルだから“残る”言葉 今日は要潤くんの誕生日(1981) >>