日本語クラッシャの一端の私が言えた義理じゃないが
社会ニュース : 敬語の具体的指針初作成へ 文化審の国語分科会

この前TBS金曜深夜の「R30」の冒頭で、司会の国分クンがゲストを迎えて最初に言い放った言葉:

僕らのこと存じ上げてますか

…まぁ想像するに、「ご存知ですか」って言いたかったんだろうけど、目上の人だからもっと丁寧にしようとしてこんなんなっちゃったんだろうね。
ゲストの方に訂正されてたけど、その時のゲストさんの語気はちょっと強くなってたように感じました。そりゃ怒るわな、こんな言い草されちゃ。

敬語っていうのは、話す相手への敬意の表れであり、綺麗に使えば日本語の美しさを端的に表すものだと思います。
残念ながら私も決して敬語の使い方を知っているわけではありません。きっと間違って使っていることも多いと思います。でもだからって「敬語なんていらねーよ」みたいなことをホザくバカおっしゃる若年層の皆様には賛同できませんつーか問答無用でぶん殴る。なぜなら、(先に書いたように)敬語には日本語の美しさの一端があると思うからです。

ガイドラインを国が作成するところまで落ちてしまったことが悲しいですが、はみれすやらこんびにやらの店員の対応に激しく苛立つ昨今を考えると、仕方のないことかとも思います。私にそれを非難できるはずもないですしね。

でも、さすがに初対面の相手に対して「存じ上げてますか」は言わないけどさ。
[PR]
by dummyxj-si | 2005-02-02 16:46 | ニュースに的外れ


<< 節分バージョンへ 「徹子の部屋」は今日から30年... >>