ロンドンでフランス語で上演
ってのが、何とも“らしい”ような気もします。

モンティ・パイソンTV版初の舞台化はフランス語上演 | Excite エキサイト

昔テレビで数回を見ただけで、ファンと言えるような者ではないのですが、その数回でも毒の強さは充分以上に伝わりました。これが「英国風」というものなんだなぁ、とロクに知りもしないクセに納得してしまった感じです。
それを本拠地ロンドンの舞台で演じるのがフランスの一座と言うのも、何ともシニカルでドライなユーモアだと感じました。
[PR]
by dummyxj-si | 2005-01-30 18:06 | ニュースに的外れ


<< 我々の知る地球はいずれなくなるのか この電話会社… >>