何はともあれ一安心
まずは本当によかったですよ、応援したい/しているものが一つは残ってくれて。

スポーツニュース : <欽ちゃん球団>解散回避…問題にしっかりけじめを
社会人野球の人気クラブチーム「茨城ゴールデンゴールズ」の解散が回避されることになった。後援会やファンから存続を求める声が多数寄せられたことを受け、萩本さん自身が22日、前言を撤回した。
〈中略〉
存続する茨城GGにはもちろん、やらなければいけないことがある。
第一に、警察による山本圭一さん(極楽とんぼ)への捜査の結論を待って、問題にしっかりけじめをつけることである。
既に茨城GGは山本さんの除名(選手登録抹消)と、当夜の食事の席に同席していた2選手の当面の謹慎を日本野球連盟に報告しているが、関係者へのさらなる謝罪も必要だし、再発防止策などもきちんと打ち出す必要がある。
「人気球団」ということで、選手に浮ついた気分がなかったか。社会人としてどう行動すべきかから、選手教育のあり方を考え直すべきだろう。
第二に、本拠地球場を整備するなどバックアップしている地元自治体やスポンサー、後援会にきちんとこの間の経緯を説明することだ。「やめます」「またやります」では済まない。しぼませてしまった夢を再びふくらませるべく、一から出直す覚悟が必要だろう。
第三に、傷つけてしまった社会人野球のイメージを修復させなければならない。忙しい仕事の合間を縫って野球に打ち込む仲間たちが全国におり、その一途な思いに水を差した。クラブチームの模範となれるよう、さらなる努力を望みたい。
解散表明の際に、「野球に失礼しちゃった」と涙した萩本さん。その思いをチーム全員で共有することからすべてが始まる。
…こっちもやっぱり「さん」付けなんだな、「容疑者」とかじゃなくて…なんでこんなに優遇されるんだろうね。モノスゴい違和感を感じるんだけど。

それはそうと、今回の解散発表→撤回の一連の流れがあまりに早すぎるようにも思えますが、lこの数日間が当事者にとってはどれだけ長かったかのかは、我々第3者には判りませんからね。
まぁ、私はノー天気に喜んでおくことにします。よかったよかった。

【関連記事】
最初の報道
ゴールデンゴールズ解散発表報道
「東京タワー」放送延期報道
よければクリックしてね♪
[PR]
by dummyxj-si | 2006-07-23 01:59 | ニュースに的外れ


<< 愕然…鈴置洋孝さん、逝去 今日買ってきたテレビ誌で >>