PSE除外リストに誤り多数
電気用品安全法@2chまとめ

今日は4月1日ですが、経産省にとっては残念なことにエイプリルフールネタではないようです。
経済ニュース : <PSEマーク>お粗末、「ビンテージもの」リストに誤り
国の安全基準に適合することを示す「PSEマーク」のない一部の家電製品の販売が1日から禁止されるが、経済産業省が30日にまとめた規制対象から除外される「ビンテージもの」のリストに多くの誤りがあることがわかった。
例えばターンテーブルの「SL―DZ1200」は最新機種で現在も製造・販売中。また、同じ電子ピアノが複数掲載されていたり、メモリーカードまで含まれていた。
あまりの“お粗末ぶり”に経産省は「急いで作ったのでチェックが足りなかった。判明したものから外していきたい」と平謝りしている。
「ビンテージもの」は、すでに製造が終了していて、希少価値の高い電子楽器や映写機などで、音楽家らの批判を受けて3月14日に急きょ対象除外を決定。
リスト公表報道についてはコチラ

識者の方々の間では、リスト発表直後から指摘されていましたね。
私はそもそもあんまり詳しくないし、リストの数が膨大すぎて途中で閉じちゃったんですが、現在も製造販売されている機種まで含まれてるとは…(苦笑)。
ロクに知らない人々によって作られたんだねぇ、やっぱり。

もっと読む
[PR]
by dummyxj-si | 2006-04-01 13:04 | ニュースに的外れ


<< カントリーサインといえば それでも法は2日後に動き出す >>