すがりたくなる気持ちも判らんでもない自分が悲しい
モテないドイツの銀行マンに『口説き授業』が人気 | Excite エキサイト

ドイツの金融拠点であり、独身者の街・フランクフルトにあるコミュニティカレッジで「口説き~誘惑の芸術~」というコースが開講され、講師は“いかに自らの欲望を表現するか”を教えている。(中略)ボディで相手に信号を送り、自分なりの口説き術を発展させるのが狙いだ。

とあるんですけど、この講座の講師はこう言ってます。

「私が教えるのは、いかに相手に質問して話しかけ、興味のなさそうな態度をされたら、どう話題を変えるか、といったことです」

この言葉だけ聞くと、「ああ、仕事にも役立つ講座なんだな」と思えるんですけど、でも≪口説き~誘惑の芸術~≫って名前の、≪いかに自らの欲望を表現するか≫を教える、≪ボディで相手に信号を送り、自分なりの口説き術を発展させる≫のが狙いの講座、ですからねぇ。

そんで記事の最後で≪今までに少なくとも4組の同級生カップルが成立している≫なんてキレイなオチまで付いて。講座ってよりむしろ、出会いの場?

しかし、フランクフルトって独身者の街だったのか。…ドイツ語さえできれば、住み心地いいかも知れないなぁ。…ちょっとだけ、泣いてもいい?
[PR]
by dummyxj-si | 2005-01-17 00:36 | ニュースに的外れ


<< 学校の中間・期末試験じゃあるまいし。 無事に終わりましたか >>