あまりにも偉大すぎて、あまりにも膨大に
芸能ニュース : 石ノ森章太郎さん漫画遺産500冊
「仮面ライダー」「サイボーグ009」などで知られる漫画家、故石ノ森章太郎さんの作品が初めて全集として発売されることが23日、分かった。全集は500冊に上り、漫画家としては史上最大。「漫画世界遺産」としてギネスブックへの申請も検討されている。
発売元の角川書店によると、54年のデビュー翌年に発表された「二級天使」から98年に亡くなるまでの作品が集められた。うち210タイトルは、初の単行本化。来年2月から3カ月単位で12回、08年11月まで続く。1冊は256ページ 。500冊分は23・296キロになり、JR中央線の東京~三鷹間に相当する。どの期を買ってもSF、ヒーローものから「HOTEL」など社会派作品まで網羅され、角川書店は「親子2世代でも楽しめる内容。あきさせないラインアップ」と説明する。
1期分は42冊入りで5万1450円、12期分で61万7400円。1期分ずつ買うのも可能(42冊の中から分売は不可)。店頭発売はせず、予約だけの限定販売となる。受注が始まる26日からhttp//www.ishinomori.comで詳細が確認できる。
その意義もその価値も理解しているつもりですが…桁違いだ、冊数も金額も。
1期ぶんずつの購入も可能といってもそれだけで42冊、51,450円…。
石ノ森先生の遺した数々の作品を考えれば、この規模もこの値段も妥当なところなのでしょうけども(ヘタするとその中の1冊の中の1作品だけでこの全集の2期分ぐらいの値段で売られているものとかもありそうだし)、まぁ私には手が出せません。トホホ。
よければクリックしてね♪
[PR]
by dummyxj-si | 2005-09-24 18:06 | ニュースに的外れ


<< 今日は「藤ノ木古墳記念日」 「やったれ」と言うこと自体おかしい >>