期待させといて、結局これか
この件の過去報道へのTBはコチラコチラコチラ
最初の報道から順を追っていくと、どんどん雲行きが怪しくなっていく過程が判ると思います。

経済ニュース : <次世代DVD>HD、BDの両陣営、規格統一を断念
現行のDVDより容量が大きい次世代DVD(デジタル多用途ディスク)について、製品の規格統一を目指し交渉してきた東芝などの陣営とソニー、松下電器産業の陣営が、統一を断念したことが23日、明らかになった。これにより、互換性のない2規格が並存することが、確定的になった。東芝は年内にも自社陣営の規格を使用する再生機を発売し、ソニーも来春に独自規格で製品を発売する計画。ビデオの「VHS対ベータ戦争」が再現されることになり、消費者には不便な状況を招きそうだ。
規格統一交渉は、2月下旬ごろから、「HD―DVD(HD)」規格を推す東芝と、「ブルーレイ・ディスク(BD)」のソニー、松下の3社で始まり、一時は双方の長所を生かした「第3の規格」をつくる方向で調整に入った。しかし、製造コストについての考え方や、ソフトを握るハリウッドの映画会社の意向などを調整しきれず、5月中旬に中断。以降、どちらの陣営も互いに自陣営の規格のメリットを主張したまま歩み寄りの姿勢を見せず、交渉は再開されていない。
HD陣営は9月にもハリウッドの映画会社に対し、映画のフィルムをDVDに変換する設備を引き渡す予定で、NECも9月にパソコン用ドライブの生産を始める。BD陣営も今月からディスク製造の試作ラインを稼働させるなど、商品化に向けた準備を本格化させている。このため、両陣営とも「交渉は時間切れ」と判断した。
やっぱり…という気もしますが、とにかく残念です。
結局この交渉は「お互い相手(の規格)を認められない」ことを確認するためのものだったのでしょうか。
まぁ統合とは名ばかりで、最初から「相手の規格を自分の規格で塗り潰す」ことを目的にしていたのでしょうけど、建前でも「消費者の利便性を考慮し」とか言ってたんだから、もうちょっとちゃんと交渉してほしかったですねぇ。
あ~あ、しょうがない、次々世代の記憶メディアを待つか~。当面は現行DVDで事足りるだろうしな~、っていうか私は未だに前世代のVHSデッキで運用してるしな~。
今使ってるデッキが壊れたら、悩むことにしますわ。
よければクリックしてね♪
[PR]
by dummyxj-si | 2005-08-23 12:38 | ニュースに的外れ


<< 今日は「大噴火の日」 ミラーマンまで復活か~! >>