ミラーマンまで復活か~!
そろってポーズを決める新ミラーマン(左)と旧ミラーマンじゃあ次は「ジャンボーグA」か「ファイヤーマン」かな? わくわく(苦笑)。

芸能ニュース : ミラーマン35年ぶり復活
人気ヒーロー「ミラーマン」が、生誕35周年の来年公開を目指し映画化されることになり22日、製作発表が都内のホテルで行われた。
タイトルは「ミラーマン REFLEX」(監督小中和哉)。71年12月~72年11月に放送され、最高27%の視聴率を獲得したテレビシリーズの世界観を踏襲しつつ、現実世界と幽界を舞台に、ミラーマンと邪悪な人鬼の戦いが描かれる。
銀と緑が基調になっている以外は、コスチュームのデザインも一新。テレビでミラーマンに扮し、今回は主人公(唐渡亮)の兄役で出演する石田信之(54)は「すっかりおじさんになりましたが、長生きして良かった」と感慨深げだった。
この写真だとちょっと判りづらいんですけど…旧デザインの方がカッコいいように思えるのは私だけでしょうか?

私はリアルタイマーではなく完全に後追いで、どちらかというとマイナーヒーローというイメージがあったのですけど、実際は視聴率最高27%も取ってたんですね。そりゃ凄い。

現実世界と幽界ってことは、ミラーマンは3次元人と2次元人とのハーフではなくなるのでしょうか? 鏡に向かって「ミラー・スパーク!」ではないのでしょうか? うむむ。


何か武器っぽいの持ってない?追記
リメイク版の設定について少し触れている報道が出ました。オリジナルとはだいぶ違う設定になるようです。
芸能ニュース : あのミラーマン復活だ…映画、来春公開
主演の唐渡亮(36)演じる影山鑑(あきら)が、冥府と位置づけられた鏡の世界から、神仙の力を借り受けて、ミラーマンに変身。ホラーなどさまざまなジャンルをミックスされる。オリジナル作の主演、石田信之(54)は、鑑の兄・太郎役で出演。石田は「台本を読んで、イメージとぜんぜん違ったので、悩みました」と言いながらも、「唐渡さんのミラーマンの世界を作ってもらえれば」とエールを送った。唐渡も、「150%全力で魂を注ぎ込みたい」と話した。
って、さまざまなジャンルをミックスしなくていいよ。何しちゃってんのよ。何か新デザインの方、剣みたいなの持ってるし。
また「名前だけ昔の作品から借りてきただけの新作」になるんでしょうか…。
せめて、「『ミラーマン』の名前を使わなければいい映画だった」と言ってもらえる程度の出来には仕上がってくれればいいのですが。
よければクリックしてね♪
[PR]
by dummyxj-si | 2005-08-23 10:31 | ニュースに的外れ


<< 期待させといて、結局これか 今日は「一遍の日」 >>