「寄らば大樹の陰」ってやつ?
ことわざわーるど : 寄らば大樹の陰
ことわざわーるど

政治ニュース : <衆院選>「新党」構想早くも失速? いつでも復帰、身軽に

こういうセコい考えを自民党は認めるのかしら…認めるんだろうなぁ。
少なくとも今回は公認しなかったとしても、どさくさに紛れて復帰とかね。前からこういうのよくありますけどねー。
羨ましいかぎりですよ。私も働かせてもらえるならクビ切られた会社に再就職したいもの(例が違う?)

しかしなぁ…ますます嫌気がさしますね、こういう考えの連中には。本当に一度自民党はぶっ壊れてほしいよ。
そして少しは市井の言葉に耳を傾けてくれ。大票田や地元の権力者のワガママだけでなくてさ。

2005/08/11追記
こんな記事が出てました。政治って何なんでしょうか。
政治ニュース : <衆院選>自民造反組が新党断念 各自無所属で出馬へ
首相が反対派との対決に執念を燃やす半面、自民党の地方組織には積極的に対立候補を擁立する熱意は薄い。むしろ、法案に反対した前職への支援態勢を敷く県連が多く、あえて新党を結成して支援関係を解消するより、それぞれが無所属で戦った方が有利との判断が強まった。
親方の言うことを聞かない地方組織と、それにすがる造反議員…。
これじゃ結局、衆院解散の意味がどこにあったのか判らなくなってしまいますね。
こうした中、綿貫氏ら37人は同日、自民党の政治倫理審査会(笹川尭会長)の要求に応じ、造反について説明する弁明書を提出した。保利耕輔元文相は「民営化は基本的には否定しない」としたうえで、「党内手続きを十分やってほしかった」と主張する「所信」を弁明書に代えて提出。綿貫氏も所信で「不当な党の手続きによって裁きを受けるいわれはない」と党の対応を批判した。弁明書は同日が提出期限で、提出には執行部との決定的対立を避ける狙いがあったとみられる。
お子ちゃまですか、この人たち。何この言い訳がましい言葉。
党内手続きを充分にやろうとしたら、時間をかけて決定を先送りにしてやるとか、廃案にしてやろうとか、小ズルいこと考えてたくせに。

選挙のためなら自分の政治的ポリシーなんて(一時的にだろうけど)単純にひん曲げられるんだねー。私はそんな輩は信頼できないけどねー。果たして自民党の組織はどうなのかな?
よければクリックしてね♪
[PR]
by dummyxj-si | 2005-08-09 13:34 | ニュースに的外れ


<< 今日は「道の日」 今日は細川内閣が発足した日 >>