いや、充分高いっスよ
別荘みたいに自分が住めるわけでもないし…なんて、考えてしまう私には似合いませんね。そうですね。

モダンアート作品のようなドールハウス | Excite エキサイト
一般的に、ドールハウスといえば女の子ウケする愛らしくてファンシーなもの…というイメージがあると思う。ところが、そんなイメージを覆す、こんなスマートかつクールなドールハウスを見つけました。オブジェとして飾っておきたいような洗練されたデザインは、どう考えてもコドモが遊ぶものというより大人向け? リゾート地にあるコテージのような、清潔感があって涼しげな雰囲気もイイ感じ。
邸内にはプールもあるのでひと泳ぎした後はここでシャワーを浴びて、昼寝をして…と眺めていると妄想が果てしなく膨らみます。
このドールハウスを販売していたオンラインのインテリアショップ「スコープ」の平井さんにお話を伺ってみたところ、日本に入ってきたのは今年の6月からとのこと。現代建築マニアの人や海外の模型コレクター、コドモには選びぬいたいいものを…と考える親御さんなど、デザイン意識がものすごく高い層のヒトをターゲットにした商品らしい。
1604年創業というドイツの老舗木製品メーカー「Sirch(サーチ)」がつくったものだそうで、もともと車輪やソリをつくっていたメーカーらしい。豊かな森に恵まれたドイツ製ということで、使っている白木もさぞいいものなんだろうな~と思われます。
すごくカッコいいデザインだけれどどこか懐かしくてホッとする印象もうけるのは、やっぱり木のぬくもり感が伝わってくるからでしょうね……。木工製品のよさを改めて実感した次第でございます。
なるほど、確かに私は絶対的に対象外のようです。

まぁ値段はともかく、この写真を見ればさすがに美しいと思いますよ。
ドールハウスという言葉から想像するような華美な装飾もなく、完成された家というよりその家のある部分だけを切り出したような感じですが、装飾を廃したがゆえに白木の美しさが映えています。
特にBit写真館の方の大きな画像を見ると、なんとなくこの窓の先に純白の砂浜とエメラルドグリーンの海原があるような感覚を覚えます。

良いものであるのは間違いないでしょう…でも、やっぱり高いかなぁよければクリックしてね♪
[PR]
by dummyxj-si | 2005-08-05 17:13 | ニュースに的外れ


<< ひどい… 今日は「タクシーの日」 >>