ソフトでハードな制限
社会ニュース : <Xbox360>年齢制限機能搭載へ 親が残虐ゲーム排除
マイクロソフトが年末に世界各国で発売予定の次世代家庭用ゲーム機「Xbox360」に、ゲームソフトの年齢制限に応じて視聴できなくする機能が、標準装備されることが明らかになった。ゲーム機を使用する子供の年齢をあらかじめ設定しておけば、ソフトのDVD内のデータで制限された年齢未満の子供はそのソフトを使えなくなる。家庭用ゲーム機にこうした機能が付くのは初めて。
同社によると、次世代機は、ゲームソフト起動時にDVD内の年齢別データを読み取って認証する。制限基準は、ゲーム業界団体が設立した審査機構「コンピュータエンターテインメントレーティング機構」が定めた▽全年齢▽12歳以上▽15歳以上▽18歳以上――の4段階が採用される。欧米でも地域に合わせた視聴制限機能が導入される。DVDソフトの視聴やインターネットを通じた音声チャットの相手も、あらかじめ制限できる。
つまり、「『×箱全方位』はお子様に安心して遊ばせられますよー(だから買えという販売戦略なのでしょうねぇ。

でなければ「子供用と大人用に2台買え(一家に一台でなく一人に一台)ってことかも。
簡単に年齢を変更できるようだと意味ないし、一度設定したら変更できないようでは大人がアレな(どんな?)ゲームで遊べない(子供の成長にも合わせられない)ですしね。

いったいどういうシステムで設定させるのかは不明ですが、まぁどうせいくらでも抜け道はあるでしょうね。ないと困るしな。
よければクリックしてね♪
[PR]
by dummyxj-si | 2005-07-21 13:33 | ニュースに的外れ


<< 今日は「著作権制度の日」 今日は「自然公園の日」 >>