禁句を敢えて言ってみる
芸能ニュース : 「天海祐希の鬼教師」ネット論争

だったら見なきゃいいのに。

視聴率落ちればスパーンと打ち切られますよ、日テレだもの。「ギンザの恋」みたいに。
まぁ、「見る見ないの問題じゃない」んでしょうけど。
ちなみに私は見てません。

今のところ≪全話を通じて伝えたいこと≫が見えてきていないのでしょうが、恐らくは最終回まで≪悪魔のような鬼教師≫のままのはずがないですから。でないと最終回らしいエピソードが作れないでしょう。むしろ最後の最後まで鬼教師のままで通したら、スタッフも立派だと思いますよ。
そこまで見てから批判しても遅くはないのでは? とも思います。それがイヤなら…やはり見ないのが無難でしょう。こうして話題になれば興味惹かれて見る人も増えるでしょうし。
しかしこういう話題を放映日である土曜日に出すってのが、なんとも策略的だなぁ。

あと、この記事を読む限りでは、ドラマの中での鬼教師の言葉を受け入れているのが、その教師に攻められている立場であるはずの学生に多いようで…ちょっと気になります。
恐らくは単にドラマとして楽しんでいるだけで、「正しい」とか「納得する」というような言葉は、批判に対する擁護として、学生という自分の立場を利用した小ズルい言葉のような気がしますが…。
実際に自分がその教室にいるとしても、同じ言葉を言えるのでしょうか、なんて思いました。

よければクリックしてね♪おわり。
[PR]
by dummyxj-si | 2005-07-16 13:29 | ニュースに的外れ


<< お酒はハタチになってから 今日は「駅弁記念日」 >>