クラッカーも色々考えるよね
注意!M・ジャクソン自殺未遂Eメールはウィルス | Excite エキサイト
少年に対する性的虐待の罪などで係争中の歌手マイケル・ジャクソンが自殺しようとしたと書かれてあるEメールが広まっているが、これはPCを破壊するウィルスをばら撒こうとするハッカーの仕業であると英国のウィルス駆除会社が金曜部に発表した。
このメールの件名は「Re:Suicidal attempt(自殺未遂)」となっていて、本文には「昨晩、ネバーランドランチでマイケルジャクソンが自殺を図った」と書かれてあるとセキュリティソフト会社Sophosが述べている。
〈中略〉
Eメール本文に、リンクをクリックするように書かれてあるが、リンク先のウェブサイトにアクセスすると悪意のあるプログラムが密かにユーザーのPCにインストールするようになっている。
「クリックをするとリンク先のサイトには“現在、混み合っている(too busy)”というメッセージが表示されますが、かえってこれがマイケル・ジャクソンが自殺したというニュースが正真正銘の速報だと思って、怪しむ人はいないのです」とSophos社では話している。
こういうことには頭働くのがクラッカーなんだよなー。
ひょっとしたら今私のメールボックスにも来てるかも。でも私んトコに来るウィルスメールって、たいがい3ヶ月くらい遅れてくるからなー。
まぁ、どっちにしろ海外からのメールなんて読む前に捨ててますけどね。海外に友人もいないし、会員登録とかしてる海外サイトもないし(勝手にメルアド収集してる連中はいるようだけどね。日本にも)。

しかし、最近のウィルスは、ポルノサイト勧誘だけでなく、ユーロ取引情報とか「バカ高いソフト、バカ安く売るよー」みたいなのまでバリエーション色々あるみたいねー。まぁ共通してるのは、全部「法律的にヤバい」ものばっかり、ってトコロですか。
こういうの見ると、「人ってホントに裏情報が好きなんだねー」とつくづく思わされてしまいますね。私も含めて。よければクリックしてね♪
[PR]
by dummyxj-si | 2005-06-11 12:55 | ニュースに的外れ


<< 何でこういうのにひっかかってし... 今日は「雨漏りの点検の日」 >>