本人の覚え違いじゃ…
社会ニュース : <NHK>「ようこそ先輩」で訪問母校を勘違い、おわび

どうしようもないですね…。学校でも調べたものの
番組の企画段階で卒業者名簿を調べたが、荒川さんの卒業した年度の卒業者名簿が無くなっており、確認できなかったという
ということでは…NHKも災難だ。ただでさえ昨今の過剰演出「プロジェクトX」で責められてる時期だけに。まぁそれはNHKが悪いんだけど。

間違えられた小学校の校長さんは
「本人が卒業生ですと言うので、それ以上調べられなかった。子供たちが傷つかないか心配だが、結果的に収録の中で荒川さんと会えるなど貴重な体験ができたと思う」
とおっしゃっていて、それは確かに貴重な体験であって、心の財産になってくれればと願います。
ただ私は、むしろその機会を与えられるはずだった本来の母校の児童たちの方が傷つかないかが不安です。NHKもむしろそっちのフォローを考えるべきだと思いますが。


追記
あ、私がTBした後に文が追加されてる。覚え違いをしていた張本人が、なんかとんでもないコト口走ってます。
荒川さんは「確かに私の勘違いだったが、このような勘違いを批判する日本社会の性質はおかしい。NHKには本当に感謝している」と話している。

…えっとー、これがいわゆる逆ギレって奴ですか?

一方的に批判されてるような気持ちになったんだろうなー。

でも、私はこの勘違いそのものを批判するつもりはないし、また指摘した卒業生の方も、他の多くの方々も同様でしょう。
でも、このコメントは批判させてもらいますよ。ええ。
この方がどれだけ立派な方かは知る由もありませんが(今さら知りたくもなくなったし)、自分の母校を忘れるような人に≪日本社会の性質はおかしい≫なんて批判されたくないなー。
それに、先にも書いたけど、この覚え違いのせいで本来自分たちが得られた機会を他校に持ってかれた児童たちの気持ちをどう考えるのでしょうか?

本当ならこんなことを本人に言う必要もなかったのになー…余計な事言って欲しくなかったですよ。残念だなぁ。
よければクリックしてね♪
[PR]
by dummyxj-si | 2005-06-09 12:52 | ニュースに的外れ


<< 今日は「時の記念日」 今日は「ロックの日」 >>