ウワサで終わってほしかった…
この件の先行報道へのTBはコチラ

スポーツニュース : <渡辺恒雄氏>巨人会長就任内定 わずか10カ月で返り咲き
昨年8月にプロ野球・巨人オーナーを辞任した読売新聞グループ本社の渡辺恒雄会長(79)が、7日開かれた読売巨人軍の決算取締役会で球団の代表取締役会長への就任が内定、わずか10カ月で球団トップに返り咲くことになった。23日の株主総会で正式決定する。
渡辺氏は球団広報を通じてコメントを発表し、「巨人軍は歴史的な危機を迎えている。グループ各社の強力な支援態勢を確立するため巨人軍の経営に復帰、参画することにした」と球界への復帰理由を説明。オーナー辞任以降、同グループ本社会長ながら、球団取締役会に出席できない状況にあり、「この不正常な関係を解消する必要もあった」と付け加えている。
昨日の日テレ「ズームイン!!SUPER」「TEAM-NACS」の皆さんが出演する(NACS出演部分の感想はコチラ)ということで、開始から終了までずっとビデオに録っといたのを今日見たのですが、その中でもこの件がニュースで取り上げられてました。もちろん日テレですから、非常に好意的に報道されていました。

グループ各社の強力な支援態勢を確立するため≫かぁ…それはつまり≪強権を発動してグループ各社から金をかき集めてなりふり構わぬ力技で選手をかき集める≫という意味でしょうか。なんてな。

この一件に対して多くの人々の反応は、横浜・山中正竹球団専務のこの発言におおむね集約されると思います。
世間的には野球界は何なんだ、と思うだろう。世間的にはマイナスになるのではないか。
この記事の中ではこういう真っ当?な発言をしている球団関係者が他にいないあたりが、何ともはや、です。
よければクリックしてね♪
[PR]
by dummyxj-si | 2005-06-07 22:22 | ニュースに的外れ


<< 今日は「成層圏発見の日」 マジかー?! >>