なんともはや
社会ニュース : 財界人らファッション競演 クール・ビズの快適さPR
愛知万博(愛・地球博)のEXPOドームで「環境の日」の5日、地球温暖化対策の一環で環境省が推奨する軽装「クール・ビズ」のファッションショーが開かれ、奥田碩日本経団連会長ら財界トップらがモデルとなり、快適な着心地をPRした。
竹の繊維を素材にした菊池武夫さんデザインの紺スーツをノーネクタイで着こなした奥田会長は「軽くて気持ちいい。裸で動いているようだ」と軽快さをアピール。
コシノヒロコさんによる白い麻のスーツ姿で登場したプロ野球、阪神の星野仙一シニアディレクターも「着ているのか着ていないのか分からない」と驚いた様子だった。
裸で動いているようだ≫だの≪着ているのか着ていないのか分からない≫だのって、いい意味のつもりで言ってるにしても表現が極端すぎです。

しかし…こういう場で≪奥田碩日本経団連会長ら財界トップらがモデル≫になったりするのはどうなんだろう…。
そりゃまぁ、普段スーツ着てる人たちがやらないと意味がないとは思いますけど、果たして効果はあるのでしょうか。
よければクリックしてね♪
[PR]
by dummyxj-si | 2005-06-05 18:42 | ニュースに的外れ


<< 今日は「楽器の日」 今日は「熱気球記念日」 >>