今になって算出されても
経済ニュース : <HDDレコーダー>利用者の過半数がCMを飛ばし見
野村総合研究所は31日、家庭に普及が進んでいるハードディスクレコーダー(録画機)の利用者の過半数が、録画したテレビ番組を見る際にコマーシャルを飛ばしているとのアンケート結果をまとめた。野村総研は、この飛ばし見で、05年のテレビ広告費市場の2.6%にあたる約540億円が無駄になると推計している。
インターネット利用者を対象にアンケートを行い、3000人が回答した。テレビのコマーシャルは、ハードディスクレコーダー利用者の23.4%がすべて飛ばし、同33.0%が8割以上飛ばして見ていた。コマーシャルを飛ばさない利用者は23.1%に過ぎなかった。ハードディスクレコーダーの世帯普及率は05年が15.2%で、09年は44.3%まで増加する見通し。
そんでコマーシャル飛ばさない人たちはその時間に何か別のことをしてるってわけですな。
興味深いデータではありますが、そんなのビデオデッキが普及した時点ですでに行なわれていたことであって、今になって始まった話でもないし、HDDレコーダーに限った話でもないでしょうに。
それに、最初にちょろっと書いたように「飛ばし見をしてないからって見てるとは限らない」って観点が抜けてます。

それに何より不安なのは、こんな発表したせいで「CMの早送りを抑止する」とか「早送り速度を遅くする」とかのヘナチョコな機能が追加されたりしないかということだったりします。
まぁメーカー諸氏もそこまで馬鹿じゃあないと思いたいですけどね。
よければクリックしてね♪
[PR]
by dummyxj-si | 2005-05-31 23:05 | ニュースに的外れ


<< 今日は「写真の日」 まぁつまりは >>