結局そんなもんか
スポーツニュース : 渡辺前オーナー 球界復帰へ
読売新聞グループ本社の渡辺恒雄会長(78=前巨人オーナー)の球界復帰が濃厚となった。6月7日に行われる読売の決算役員会および同23日の株主総会で渡辺会長の読売巨人軍(資本金4億5000万円、本社=東京・大手町)の代表取締役会長就任が決まる見通しだ。 渡辺会長は昨年8月13日、巨人スカウトによる明大・一場(現楽天)への不正スカウト問題の責任をとり球団オーナーを辞任し、球界と距離を置いてきた。
〈中略〉
渡辺会長は読売新聞社長当時の96年12月、巨人オーナーに就任。球界の中心的存在としてドラフト改革、FA制度導入などにらつ腕を発揮、球界に強い影響力を発揮した。球団会長就任となればオーナー辞任からわずか10カ月のスピード復帰となる。渡辺会長は5月9日、週刊誌を相手に損害賠償などを求めた訴訟の本人尋問(東京地裁)で一場問題について「私には罪の意識はない。社会的責任はないとはっきりいえる」と述べ、政財界の親しい知人には「球界復帰」をほのめかしていた。
罪の意識もなく社会的責任もないというなら、そもそも何故責任を取って辞めたのでしょうかねぇ。それじゃその責任ってのは、何に対しての責任なんだろう?
所詮こんなもんなんだなぁ。よければクリックしてね♪
[PR]
by dummyxj-si | 2005-05-31 13:03 | ニュースに的外れ


<< まぁつまりは 経営統合の判りやすいメリットだなー >>