まだやってたのね…
この件の過去記事へのTBはコチラ。これが3月2日で、この頃からずっとゲームやってて今日までじっくり検証してたのかな(皮肉)?

社会ニュース : 残虐ゲーム有害指定を諮問 神奈川県、全国で初
全国で初めて、残虐なシーンを多く含む家庭用テレビゲームソフトの有害図書類への指定を審査する神奈川県の児童福祉審議会が30日、横浜市で開かれ、同県は家庭用ゲームソフト大手「カプコン」が販売する「グランド・セフト・オート3」(米国ロックスター・ゲームス社製)を諮問した。
同ソフトは、主人公が銃など使い、次々と敵を殺害するゲーム。国内では4月現在、約35万本が販売されている。
県は、インターネットなどで残虐性がうたわれ、量販店で幅広く流通しているゲームソフトの中から6点を購入し、職員が実際にゲームをして特に残虐性が強いと判断した同ソフトを選んだ。
まぁ、こういう条例が出たら真っ先に標的にされるであろうゲームではあります。

でもなぁ。

私にとって「GTA」シリーズは、話を聞くだけで「ああ、私には合わないや」と思うゲームですし、実際プロモムービーしか見たことありませんけど、この記事中での≪主人公が銃など使い、次々と敵を殺害するゲーム≫という説明では、このゲームの根源的な面白さが一コも説明できてないということぐらいは判りますよ。

このGTAの凄い所は「度を越した自由度の高さ」です。何でもできる…というと誇大広告になりますが、そう言ってもおかしくないくらいにゲーム中でできることがべらぼうに多く、許容範囲もとんでもなく広いんですね。
そして何よりすごいのは、それを一本のゲームに載せきった完成度の高いシステム、それを構築する技術力の高さにこそあるわけです。

だから、恐らくやろうとすれば主人公が銃など使わずに、次々と敵を殺害することなくプレイすることも可能なはずです。べらぼうに難しいでしょうけどね(苦笑)。

まぁこの法案はそういう根源的な部分を見るわけでなく、ごくごく上っ面の表現だけを対象にしているわけですから、こんなことは気にもしてないでしょうけど(皮肉)。

いい加減、今の問題を自分たちのかかわりのないところ(例えばゲームだのマンガだの)に原因を求めて、「自分たちには理解できない」ことにして責任だけ押し付けるのはやめてもらえないでしょうかねぇ、センセイ方&マスコミの皆さん。
よければクリックしてね♪
[PR]
by dummyxj-si | 2005-05-30 13:06 | ニュースに的外れ


<< 「コカコーラレモン」ですってよ… どうせ >>