(脱力)
記事タイトル見て、どんな難問を解いたのかと思ったら…はぁ;。

体験労働コースの少女、鉄道会社の効率をアップ | Excite エキサイト
体験労働コースで英国の鉄道会社で働いているナイジェリアの少女が、列車ダイヤの遅れの原因を発見、会社は数十万ポンド節約することができた。
昨年9月に英国に来たアデ・ソデインデさん(17)はセントラル・トレイン社のバーミンガム南部ティスレーの発着所で働いていた。
ソデインデさんは、乗務員が時間通りに列車に乗らず、発着所からの出発が遅れ、乗客を待たせていることに気がついた。
この発見を聞いたセントラル・トレインはスタッフを増強し、路線を改善した。
同社の広報担当の女性は、列車が遅れると会社に罰金が科せられるので、この措置によって約75万ポンド(約1億4700万円)の節約になったという。「今年は思っていたよりうんと良い年になりました」とソデインデさん。近い将来、バーミンガム大学で機械工学を学ぶ予定だ。
その節約できた分の1%ぐらい彼女に差し上げるといいと思う。時間通りに列車に乗らなかった連中の給料から棒引きして。
しかし、およそ1億5000万円も罰金で払ってるって…しかもその原因が「電車の発車時刻の遅れ」なんて基本的な問題だなんて…何故気付けなかったのでしょうか?
よければクリックしてね♪
[PR]
by dummyxj-si | 2005-05-27 18:55 | ニュースに的外れ


<< 今日は「花火の日」 とうとう来ちゃったよ… >>