確かに…
冷蔵庫に入れたメッセージは命を救う | Excite エキサイト
リバプールの市議会では、お年寄りや病気の人の処方箋や医師の詳細といった重要な医療情報を保存するために、ボトルに入れて冷蔵庫で保管することを奨励した。この方法は緊急時に簡単に入手できるからだ。
「自分の力だけで生活している人のもとに何か起こってしまったときに、他人が医療情報を手に入れるのに、最も便利な場所は冷蔵庫のなのです」とマリリン・フィールディング議員が言う。
透明なプラスチックの容器に、詳細を入れてラベルをつけて、冷蔵庫に。理由は、ほとんどの家庭が冷蔵庫を所有しているということと、冷蔵庫は必ず台所にあるからだ。
緊急時に必要な情報を特定の場所においておく、というのは必要なことですからね。
しかもどの家庭でも同じ場所にあることが判っていれば、救急隊員が情報を入手するのに時間がかかりません。
ただ、そのボトルには医療情報だけを入れておかないといけません。判りやすいからって通帳だの貴重品だの入れておいたら、泥棒の格好の的になりますし。

私の実家にも予断を許さない状況の家族がいます。幸い他の家族がいるのですが、彼らも病院に定期的に通院している状況なので…。
GWに実家に帰省した時に「覚悟だけはしておいて」と言われましたが…いざとなった時に自分がどうなるか、想像ができません。
よければクリックしてね♪
[PR]
by dummyxj-si | 2005-05-25 13:54 | ニュースに的外れ


<< うーむ… 日本ではどうなんでしょう >>