信じられん…
社会ニュース : <気温30度>男性の2割は長袖上着着用 女性はゼロ
気温が30度以上になっても、男性の約2割は長袖の上着を着て街を歩いていることが、文化女子大の田村照子教授(衣環境学)らの調査で分かった。
〈中略〉
田村教授らは2001年6月から1年間、東京・新宿駅近くの交差点で約10日ごとに通行人を無作為に撮影し、成人とみられる男性7132人、女性3699人が最も外側に着ている服装を調べた。通勤時間帯は撮影対象が偏るため、午後2時ごろからの約30分間を撮影時間とした。
このデータを、気象庁が都内で観測した撮影時刻前後の気温などと関連づけて分析した結果、30度以上になっても男性の約20%はジャケットやスーツなど長袖の上着を着ていた。30度を超えても長袖の上着姿の女性は、ほぼゼロだった。
午後2時って言ったら、1日で1番暑い時間帯ですよ? そんな時に外にいるのに長袖なんて…信じられん。
この調査を行なった田村教授の
「無理してでも長袖を着る社会規範が男性には残っているようだが、25度を超して長袖上着を着ていると、不快感が増し、作業効率も落ちる」
というのは圧倒的に正しいと思います。
あと、ついでにこんな定義も記しておきましょう。
ネクタイとは、脳への血液の供給を部分的に阻害する絞殺デバイスのこと。このことから背広着用者の行動がおおむね解明できると考えられている。
(「ハッカーズ大事典 改訂版」(アスキー) p.536 “suit”より抜粋)
…色々な事情(でもそれは全て“体裁”の一言に集約されるのでしょう)でこういうことになってるんだと思いますが、でもまず地球環境という観点から考えるべきではないかと思います。いきなりデカい話だと思うかも知れませんけど、こんな異常なことが常態化しているのが温暖化に繋がってるんですから。

ってか、暑かったら上着脱ごうよ
よければクリックしてね♪
[PR]
by dummyxj-si | 2005-05-23 17:10 | ニュースに的外れ


<< 自宅売り払っちゃった 今日はコペルニクスが地動説を発... >>