E3に向けて続々と
また多勢の業界人が取材と称した海外旅行に行ってるんだろうな…。

コンピュータニュース : 再送:ソニー、「プレステ3」を2006年に発売
経済ニュース : プレステ次世代機を発表 ソニー、発売は来年
5月16日、ソニーは、次世代家庭用ゲーム機「プレイステーション3」(写真)を2006年に発売する(2005年 ロイター/Fred Prouser)ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は16日、ロサンゼルスで17日から始まる北米最大のゲームショー「E3」に先駆け、次世代家庭用ゲーム機「プレイステーション3(PS3)」を世界で初めて発表した。
マイクロソフトも16日、次世代機「Xbox 360」の詳細を公表。任天堂も17日に「ゲームキューブ」の次世代機を発表する予定で、家庭用ゲーム機3大メーカーの競争が一段と激化しそうだ。
この日はSCEの久多良木健社長が約2000人の報道陣を前に、PS3を来年発売すると正式発表。PS3は米コンピューター大手IBMや東芝と共同開発した家電用の超小型演算処理装置(MPU)「セル」を搭載し、映画並みの画質でゲームが楽しめる。
現行機種「プレステ2」は2000年の発売以来、今年3月までに8747万台を販売。ゲームキューブやXboxに大きく差をつけている大ヒット商品だけに、次世代機には業界やファンの注目が集まっていた。
北米どころか世界でも最大規模のゲームショーにあわせて発表する、というのがもはや通例になってきてるんですよね…マイクロソフトはともかく、ソニーや任天堂のような「本社が日本にある」会社でも。

もちろん北米市場がゲームにとっても世界最大のマーケットなのは言わずもがなですし、全世界から取材陣と業界者が集まる「E3」が、大々的に発表するのにもってこいな場であることは間違いありません。
…でも、何と言うか、こういう「日本の会社の自国市場の軽視」というのが、日本国内におけるゲーム市場の凋落の現れのような気がする…というのは悲観的な考えでしょうか。
よければクリックしてね♪
「レヴォリューション(仮称)」は明日か…。いったいどんな可能性をぶつけてくるんだろう。
[PR]
by dummyxj-si | 2005-05-17 12:22 | ニュースに的外れ


<< 本格的に雲行きが怪しくなってきた たぶん大きいだけで… >>