埼玉のこの辺にこんな話相次ぐ
飯能商工会議所・会頭(飯能商工会議所)ニュースより社会ニュース : 巨大木馬、ギネスに認定 木材産地の埼玉・飯能市
埼玉県飯能市の飯能商工会議所が呼び掛けてつくった高さ約4・8メートル、重さ約1・5トンの巨大木馬「夢馬(むーま)」が、ギネスブックを発行するギネス社から世界一の大きさと認定された。商議所が16日、市長に報告した。
同市は江戸時代からヒノキなどの産地として栄えた。商議所は地元のイメージキャラクターにしようと、かつて木材の運び出しに使っていた「木馬(きうま)」というそりを参考に設計。間伐材約80本を使い、市民も参加し約8カ月間かけて昨年7月、完成した。
市役所前に設置されている夢馬の中で友達と遊んでいた小学5年の坂野伸也君(10)は「怖いけど楽しい。学校にもあったらいい」。商議所は「まちと森林を結び付ける象徴になってほしい」としている。
ついさっきTBしたコチラに次いで、今度は飯能市ですか…。今日は埼玉県南ネタが多いなぁ。

この「むーま」自体は去年公開されていたもので、1年近く経ってこのたびようやくギネスに認定された、ということなんですね。

よければクリックしてね♪
この「むーま」画像は飯能商工会議所・会頭(飯能商工会議所)ニュースで見つけたものです。
[PR]
by dummyxj-si | 2005-05-16 20:37 | ニュースに的外れ


<< 今日は「電気通信記念日」 うちの近所にこんなモノが! >>