日本市場への起死回生の一撃となるか
情報流出報道へのトラバはコチラ。この流出報道とどのくらい一致してたんだろう。

経済ニュース : MSが次世代Xbox公開 高精細度映像で臨場感
米マイクロソフト(MS)は12日、音楽専門チャンネル、ミュージック・テレビジョン(MTV)の特別番組で、次世代家庭用ゲーム機「Xbox 360」を公開した。現行機種より大幅に処理速度が上がり、高精細(HD)映像のゲームを楽しめるため、臨場感がさらに向上する。
次世代機は、今年のクリスマス商戦向けに全世界で同時に発売される予定(価格は未定)。インターネットに常時接続し、利用者がネットを通じて遠くにいる相手と対戦することもできる。
家庭用ゲーム業界ではマイクロソフトのほか、ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)と任天堂の各大手メーカーが今年から来年にかけ次世代機を相次ぎ発売する見込みで、激しい販売競争が予想される。
取り敢えず、初期ロットでDVDに傷を付けたりしないことを祈っておきます(笑)。アレですっかりイメージ悪くなっちゃったからなぁ×箱。

海外サイトですが、Xbox360の写真とか載ってるページがありました。コチラ
ハードスペックとか同時発売ソフトとかは載ってない模様。それが知りたかったんだけどなぁ。たぶん「DEAD OR ALIVE 4」とかは出るのかな。
海外ではわりかし好調なのに、日本では一部を除いて「DEAD OR ALIVE(DOA)シリーズ専用マシン」と認識されている(ライトゲーマーだけでなく、多くのヘヴィゲーマーですら)×箱ですが、この新ハードでその認識を覆せるようなインパクトを与えられるでしょうか…そこを覆せないと、ただでさえ萎んでる日本市場で販売規模の拡大は望めないと思うのですが…かなりツラい戦いでしょうね。


追記
日本での発表会見についての記事が出ました。
経済ニュース : <MS社>次世代機を披露…「Xbox360」 価格は未定
まぁ端的に言って、「クリスマス商戦に間に合うようにする」以外は何一つ決まってない状況のようです。5月中旬の時点でそんなことでいいのかしら?

記事中では
ソフト開発陣に「ドラゴンクエスト」のキャラクターデザイナーの鳥山明さんや「ファイナルファンタジー」開発者の坂口博信さんらかつてライバル社のソフトを手がけた開発者を起用し、日本市場での巻き返しを狙う
なんつって、さぞ凄いことのように書いてますが、このゲーム業界ではさして大したことじゃないですよ、それ。
まぁ話題にゃなるでしょうが、話題にしかならないかも知れませんよ。誰が作ろうが、面白くなきゃね。ゲームなんだから。
よければクリックしてね♪
[PR]
by dummyxj-si | 2005-05-13 12:31 | ニュースに的外れ


<< 今日は「温度計の日」 景気のいい話 >>