景気のいい話
経済ニュース : <100万円ウイスキー>「山崎50年」が1日で完売
サントリーが11日午後から予約販売を始めた1本100万円で50本限定のシングルモルトウイスキー「山崎50年」が12日午前、“完売”した。申し込みは酒販店を通じて行われたため「最終的な購入者は分からない」(サントリー)というが、バーや飲食店、百貨店などが営業用に申し込んだケースがほとんどのようだ。
「山崎50年」は700ミリリットルで、単純計算で1CCあたり1429円。ショットバーでのワンショットは通常30CCなので、原価だけで4万2870円ということになる。あまりのプレミアムぶりに、ショット販売するにしても、ハーフショット(15CC)や10CC程度で販売する店もありそうだ。
サントリーからの出荷は6月下旬になる。同社は11日午後2時にホームページなどで予約開始を告知していたが、「1日で完売するとは思わなかった」(広報部)と驚いている。
100万円か…私なら3年半は生きていける値段だな…とか羨んでみたり。なんだかネガティヴシンキング人生まっしぐらな昨今の私です。

でも「お店が営業用に申し込んだケースがほとんどのようだ」というので何となく納得しました。
つまり、集客効果を期待しての投資、ってことですよね。こうして話題になってる商品ですから、「入荷!」とか書いて張り出せば人も呼べるでしょうし。
広告費・宣伝費と見れば100万円は安いのかな?よければクリックしてね♪
[PR]
by dummyxj-si | 2005-05-13 10:33 | ニュースに的外れ


<< 日本市場への起死回生の一撃となるか 今日は「メイストームデー」 >>