しっぽ付き鶏卵の写真
毎日新聞:吉田さん宅で産まれた珍しいニワトリの卵社会ニュース : <珍たまご>“しっぽ”付き卵が近所の話題に 茨城
茨城県総和町の茶園経営、吉田正之さん(62)方で、飼育している鶏が変わった卵を二つ産み、近所の話題になっている。
普通の大きさの有精卵だが、長さ約5センチの“しっぽ”付き。22羽のうちの1羽が5~6日に産んだらしい。吉田さんも「子どものころから鶏を飼っているが、こんな形は見たことがない」と不思議そうな顔。
“しっぽ”は殻の部分と違い、柔らかい。「食べずに様子を見る」と吉田さん。「どんなひよこが出てくるか」と近所も興味津々だ。
柔らかいしっぽ…いったいどういう状態なんだろう? 画像を見てみたいなぁ…と記事のニュースソースである毎日新聞のサイトを当たってみたら、見つかりました。コチラ
卵から明らかにヘンなものが生えてます。何だろうこれ? 変な病気だったりしないのでしょうか…。ちょっと不安です。
よければクリックしてね♪
[PR]
by dummyxj-si | 2005-05-07 22:49 | ニュースに的外れ


<< 今日は「松の日」 今日は「博士の日」 >>