トラウマ
社会ニュース : トラウマが細胞の新生阻害 金沢大、マウスの脳で実証
トラウマ(心的外傷)を残す激しいストレスを経験した場合、脳で新しく作られる神経細胞の数が、ストレスを受けてから一定期間後に激減することが6日までに、金沢大薬学部の米田幸雄教授(神経化学)のマウスを使った研究で分かった。
〈中略〉
米田教授は、マウスを狭いおりに入れ、メトロノームの音を聞かせながら3時間水に浸すストレスを与え、脳の変化を分析。実験後、マウスの海馬で作られる細胞の数が緩やかに減っていき、5日後に急激に減少した。
誰もが拭い去りがたい心の傷の一つや二つは持っているものと思いますが、そういったトラウマが実際に脳に影響を与えているということが証明されたそうです。
昨今の様々な事件によってPTSDという病気も知られるようになりましたが、ここからその改善にまで繋がってくれればと願います。
よければクリックしてね♪
[PR]
by dummyxj-si | 2005-05-06 19:25 | ニュースに的外れ


<< 今日は「博士の日」 今日は「ゴムの日」 >>