「省エネルック」よりはカッコいいかも
でも、「省エネルック」よりもその意図が判りにくいかも…。

社会ニュース : <夏の軽装>名称決定「クール ビズ」
小池百合子環境相は27日、「省エネルック」に代わる夏の新ビジネススタイルの愛称を「COOL BIZ(クール ビズ)」に決定したと発表した。「夏の冷房を28度に設定しても、職場で涼しく効率的に格好良く働くことができる」というイメージを分かりやすく表現したとして、一般公募した応募作約3200点の中から選んだ。ビズは、ビジネスを省略した言葉。
〈中略〉
小池環境相は「ノーネクタイ、ノー上着だと体感温度が2度違う。(90年比で6%の温室効果ガス削減を義務付けた)京都議定書の目標を達成するためにも、夏の軽装に協力してほしい」と話している。
…定着しますかねぇ。今までにもこういう試みを国主導でやってましたが、せいぜい「カジュアルデー」ぐらいしか続いてないような…半袖背広は明らかに失敗だったけど。一部公開されたという「COOL BIZ」のデザイン次第ですかね。
でも、もし導入されても、たぶん多くの外回りの男性は、会社に帰ってきたら真っ先にクーラーの温度をチェックして、20度前半にしちゃう(既に20度前半だったら2度ぐらい下げる)んだろうな。機械的に。

追記
関連報道です。閣僚・官僚全員で、夏場は上着未着用・ノーネクタイとしよう、ということになったそうです。
政治ニュース : 夏場はノーネクタイ 閣僚や官僚が対象
政府は28日の閣僚懇談会で、地球温暖化防止と省エネルギー化を進めるため、6月1日から9月30日までの間、外国からの賓客を招く公式行事などを除き、政府全体として上着を着用せずノーネクタイの軽装で通すことを申し合わせた。
軽装は小泉純一郎首相はじめ全閣僚と各省庁の官僚が対象。細田博之官房長官は28日の記者会見で、軽装の導入について「京都議定書の温室効果ガス6%削減目標を必ず達成しようとする決意の表れだ」と強調、自らも記者会見に軽装で臨む意向を明らかにした。国会審議については「いま問題提起をしており、今後よく相談していきたい」と国会側と調整する考えを示した。
それはいいですけど…果たして定着しますかねぇ。
国会中継とかで全員背広着てなかったらさぞ壮観でしょうけど、自分の選挙区の頭のカタいジジイ支援者の視線を意識したりとか、周りがそうならオレは敢えて…みたいな半端な目立とう意識で、結局なぁなぁで終わっちゃいそうな気がします。よければクリックしてね♪
[PR]
by dummyxj-si | 2005-04-28 01:10 | ニュースに的外れ


<< すごい! 本気だ!! 今日は日本で初めて缶ジュースが... >>