完全な新人て言っても
芸能ニュース : 15歳 高橋瞳がオリコン1位デビュー
新人歌手、高橋瞳(15)のデビュー曲「僕たちの行方」が来週25日付オリコン・シングルチャートに1位で初登場することが18日、確定した。
オリコンによると、ソロアーティストのデビュー曲が初登場首位を獲得したのは、80年の近藤真彦「スニーカーぶる~す」、94年の内田有紀「TENCAを取ろう!―内田の野望―」以来3人目。ただし、近藤と内田の場合は先にドラマ、CMなどでデビューしており、完全な新人のデビュー曲では史上初。また、平成生まれの歌手が首位を獲得したのは初めて。
同曲は人気アニメ「機動戦士ガンダム SEED DESTINY」の主題歌に起用され、予約だけで15万枚を突破。
確かに大したもんですが…でもねぇ。
発売前からテレビで存分に掛かっていたわけですから、こと楽曲の周知度という点では先の2人のそれを上回ってるんじゃないでしょうか。
少なくともマッチの場合、あの時代には現在のように「正式デビュー前からタイアップでバンバン曲を流す」なんて宣伝方法はなかったと思うし。
既に充分に知られ、求められている中で発売されりゃ、そりゃ売れますよね。そしてこうしてニュースにもなって、また話題を呼んでもっと売れると。

しかし、内田有紀さん…“TENCAを取ろう!―内田の野望―”って、こっ恥ずかしいタイトルの曲は今更掘り起こされても困るんじゃないでしょうか。何ちてよければクリックしてね♪
[PR]
by dummyxj-si | 2005-04-19 11:31 | ニュースに的外れ


<< まぁそんなもんでしょう いい子、ねぇ… >>