デリケートな問題でしょうけど
ポルノ女優の遺作、収益は子ども病院に? | Excite エキサイト
あるポルノ女優の最初で最後の主演映画の収益が、カナダで最も高名な小児科病院に寄付される。死んでしまった女優、ナテル・キングのマネージャーが希望する通りになればの話だ。
マネージャーのスティーヴン・シラード氏は、昨年23歳で刺殺されたカナダ人女優キングさんの遺作「レズビアン・ラヴァー」の収益の寄付を、トロントの小児科病院に申し出た。
シラード氏によれば、弁護士がビデオのパッケージに「このビデオの収益はすべてトロントの子ども病院に寄付されます」というようなクレジットを入れても良いかどうか病院に打診したという。
しかし病院の広報担当者キャロル・ダンカンさんは、この件については何も聞いていないという。また、病院がこの種の寄付にどのように対応するかについてはノーコメントだった。
「倫理委員会と理事会に通す必要があります」彼女は言った。
確かに難しい問題だと思います。「ポルノ映画の収益を寄付された病院」と聞いた保守的な人々がどういう反応をするかと考えると、素直に受け取れるものではないのでしょう。
このマネージャーさんの「思うに人々はポルノに直接的には結びつけられたくないのでしょう」という言葉、恐らくは真実です。
でも、そういう理由で善意を拒否されてしまうと…悲しみ…というより、空しい思いに捉われるでしょうね。「自分の仕事にプライドを持っている」と言ってみても、それを回りに理解してもらえなければ…。
よければクリックしてね♪
[PR]
by dummyxj-si | 2005-04-18 18:41 | ニュースに的外れ


<< 歌舞伎町にフレディ? 決着、しかし混乱 >>