リアライズ
ブローニーのキッチンペーパーとテレビコマーシャルの一コマ米主婦が夢中! キッチンペーパーの男前キャラ | Excite エキサイト
キッチン・ペーパーの大手メーカー「ブローニー」では、30年以上、赤いフランネル・シャツを着た男性のキャラクターを登録商標として使っている。そして、そのミスター・ブローニーが登場するコマーシャルも評判が良い。
〈中略〉
このミスター・ブローニーの人気は、症候群とも言うべき現象で、年間3万人もの主婦がブローニー社のウェブサイトで、理想のバーチャル・ミスター・ブローニーをクリエイトし、「あなたのミスター・ブローニーを探せ」コンテストには4000人を越す推薦応募があるそうだ。ポイントは、たくましい体格とスイートな顔立ちの他に、いかに家事を手伝ってくれるかにあるそうな。
そして彼女達の要望で、30年近く商品の顔だった初代ミスター・ブローニーは、2003年の「あなたのミスター・ブローニーを探せ」コンテストで優勝した、ロサンジェルス在住の消防士、マリオ・カンタセッシさんをモデルにした2代目に変えられた。もはやミスター・ブローニーは登録商標から半実在のバーチャル・キャラクターに昇華っしてしまった。恐るべし主婦のファンタジー・パワー。
本来仮想キャラだったものが現実化されること自体は、そんな騒ぐほどのことではないような気もします。
この場合のポイントは、ブローニー社が積極的に主婦のそういう行動を積極的に支援(というよりむしろ「煽っている」)ところでしょうか。
ウェブサイトで、理想のバーチャル・ミスター・ブローニーをクリエイト≫だの≪「あなたのミスター・ブローニーを探せ」コンテスト≫だのというのは一般キャラならファンサイトでやるようなことを、自分たちでやっちゃって、ちょっとでも引っかかった人たちをどんどん巻き込んでいくという。
一度渦巻いちゃえば、あとはほっといても惰性で動き続けるので、時折≪「あなたのミスター・ブローニーを探せ」コンテストで優勝した、ロサンジェルス在住の消防士、マリオ・カンタセッシさんをモデルにした2代目に変えられた≫なんてことをして活性化させると。

よければクリックしてね♪…しかし、このキャラクター、日本ではウケなそう…。
[PR]
by dummyxj-si | 2005-04-12 17:00 | ニュースに的外れ


<< 今日は「喫茶店の日」 また余計なこと言っちゃってますねぇ >>