何故に?
カンタス航空係員が勝手に乗客のラクダの着ぐるみを着る | Excite エキサイト

オーストリア国営のカンタス航空の荷物チェック係員が、乗客の手荷物にあったラクダの着ぐるみを勝手に着ていたそうです。
チェックが行き過ぎたのでしょうか。何ちて。

この事件の場合はまだ笑いのネタになる程度ですが、こんなことが可能だとすれば、悪意を持った人間が係員になれば、荷物に勝手に違法物を混入させたりして本人が知らぬ間に犯罪の当事者に仕立て上げられることもありえるわけですね…。
意識の低い人間がこういう職についていることが恐ろしいです。


2005/04/15追記
続報が出ました。手荷物取り扱いエリアにカメラを設置するそうです。
カンタス航空、手荷物取扱エリアの警備を強化 《ラクダ着ぐるみ事件》の余波 | Excite エキサイト
オーストラリア国営のカンタス航空は空港の手荷物取扱エリアと特定の飛行機の機内にカメラを設置する方針だ。これは、《ラクダの着ぐるみ事件》をはじめとする警備上の失態が続いたことを受けての措置だ。
むしろ遅すぎでしょう。今までこういう管理機構がなかったというのが怖いです。
でも、こういう意識が低い人を雇っている限りは問題が起こり続けそうですが。
よければクリックしてね♪
[PR]
by dummyxj-si | 2005-04-10 17:23 | ニュースに的外れ


<< 今日は「メートル法公布記念日」 今日は「女性の日」 >>