全裸100人アート
18歳から65歳までの全裸女性100人によるアート って言うと、何かS○FT ○N DEMAND(伏字)のビデオみたいだ…(笑)。

全裸女性100人の展示アート ドイツ | Excite エキサイト
100人のほぼ全裸の女性が、ベルリンのアートギャラリーで“展示”されることになった。期間は1日のみで、女性の年齢層は18歳から65歳までだ。
木曜日のニューナショナルギャラリーに訪れた数名の報道陣の前で、透明のタイツを履いただけの100人のモデルは、立っていたり、ひざまずいたり、床に座ったりしていた。
「透明のタイツ」を履く意味はいったい…。フェティッシュ?

これを仕掛けたイタリア生まれ・ニューヨーク在住のアーティスト、ヴァネッサ・ビークロフトさん曰く
「このアートは、見る側にとってチャレンジでアグレッシブなことなんです」
「不愉快なものだし、官能的でもないし、それに美しくもありません」
「モデルは何も洋服を着ていないし、靴も履いていない。化粧もしていないし、特別なヘアスタイルをしているわけでもないです。それでもモデルらが単なる物体ではなくて、人物の肖像として聴衆から距離を置かれるものなのかどうか、私は確かめたかったのです」
100人もの素のままの女体を提示して、観覧者がどういう態度をとるかを知りたい…ってな風に下衆に解釈すると、どこかでイタズラ番組として放映されてそうな話になってしまうなぁ。
やっぱり、アートって判らないや…。
よければクリックしてね♪
[PR]
by dummyxj-si | 2005-04-09 18:59 | ニュースに的外れ


<< 暴力はやめろ 1000万馬券! >>