どこまで予測してるんだか
まぁ、「あらゆる可能性は検討済みだ」ってことなんでしょうけど…。

経済ニュース : 「貸し株は予測していた」 堀江社長、対抗策を示唆
ライブドアの堀江貴文社長は28日朝、TBSの情報番組に生出演し、ニッポン放送がソフトバンク系の投資会社ソフトバンク・インベストメント(SBI)に行ったフジテレビジョン株の貸し株について「誰かに貸し株をするのではという予測はしていた」と話し、想定の範囲内との見方を示した。
また「限られているが、対抗策はある」と述べ、今後ニッポン放送が行った貸し株に対し、対抗策を検討していることを明らかにした。
ニッポン放送の株主総会には「大株主として出席する」と明言したが、役員の構成など具体的にどうしていくかは「株主提案を見てください」と言及を避けた。
よりによってその相手がソフトバンクだった、とはさすがに想定してなかったんじゃないでしょうかね。
まだ「限られているが、対抗策はある」といっているあたりからしても、当然ながら諦めてはいないようです。

…しかし、高裁判決直後の決着ムードが、今となっては嘘のようですね…。

追記
上の文章を書いてるうちに、続報が出てました。
経済ニュース : 28日午後にもトップ会談 ライブとSBI
今日の午後にも、ニッポン放送からフジ株を貸し株され、現在フジの筆頭株主であるSBIのCEOとホリエモンが会談を行なうようです。
SBIのCEOといえば先に「大人の解決方法というものがある。私は解決の知恵を持っている」と発言していましたが、その知恵とやらがホリエモンに授けられるのでしょうか。授けられても素直に実行するとは思えませんがね。

更に追記
メール見てるうちに、上の記事が覆ってました。
経済ニュース : トップ会談急きょ中止 ライブドアとSBI
SBIは、トップ会談について同日昼前、「先方(ライブドア)の都合により会談のキャンセル申し入れがあった」と公表した。ライブドア幹部の中には、「買収合戦が流動的な中でトップ同士が会うのは得策ではない」など、トップ会談への反対意見もあったという。今後は、水面下での接触を図る可能性もある。
う~む…確かに“昨日の今日”というか、性急な話のように思いましたが、会談のセットアップまで済ませておいてドタキャン(?)とは…。
これでまたライブドア嫌いのおっちゃんたちにいい攻撃材料を与えてしまいましたね。よければクリックしてね♪
[PR]
by dummyxj-si | 2005-03-28 11:16 | ニュースに的外れ


<< 「きゅうりアイス」ではない お相撲さんの昇給システム >>