記録を献上
スポーツニュース : <楽天>歴史的な大敗 ロッテ最多26点
○ロッテ26-0楽天●
ロッテが先発全員安打、先発全員得点で26点を挙げ、零封勝ち。55年ぶりにゲーム最多得点の球団記録を更新した。一回に2点先取し、二回は西岡の3ランを含む11安打で11点。以降もパスクチの2本塁打などで加点。渡辺俊は01年以来の完封勝利。楽天は藤崎が二回途中降板の誤算。救援陣は計14四死球を出すなど制球が定まらず、打線も1安打の残塁ゼロと沈黙した。
昨日球団史に残るにふさわしい初試合初勝利をあげた楽天イーグルスですが、第2戦では球界史にもしばらくの間残ってしまいそうな記録を作ってしまったようです。
得点差26点は、零敗試合でのパ・リーグ新記録。従来は92年9月1日に西武が22―0で近鉄に勝った試合だった。
またロッテにとっても
・試合最多得点:26点(これまでの記録は球団創設(当時は毎日)の1950年5月31日の東急戦の23得点…55年ぶりの記録更新)
・1イニング最多連続得点:10点(二回)
・1イニング最多安打:11本(二回)
・チーム打点:26点
そして楽天の球団史にとっても、これらの記録は全てマイナスの形で記録に残るわけです。何しろたった2試合目ですからね、何だって記録になってしまいます。

まぁ、楽天はコレを変に引きずらないようにしないといけないでしょうね。あと、ロッテもこれに浮かれないようにしないと。
なにしろ、まだまだ2試合目なんですから。

<ロッテ-楽天>ベンチ入りメンバーを示すボードの投手欄はガラ~ン、苦悩する田尾監督2005/03/28追記
楽天の監督・選手の発言が記事にまとめられています。
スポーツニュース : 楽天 天国から地獄の歴史的大敗
藤崎、福盛を除く5投手で与えた14四死球がすべて得点に絡む悪循環。与四死球リーグワースト記録にあと2個と迫る制球難ぶりに、小野投手コーチは「緊張感はあるんだけど、それだけではこの世界で飯を食っていけない」とバッサリ。有銘、小倉、徳元に2軍落ちを告げ、金田、河本、谷中を昇格させるテコ入れの断行を決めた。
ことごとく運に見放されたようで…危うくもう一つ負の新記録を作りそうだったんですね。
まぁまぁ、まだまだ2試合目で1勝1敗ですから。
ただ、本拠地宮城での初連戦では全勝してほしいなぁ。地元の盛り上がりに水を差し過ぎないように。よければクリックしてね♪
[PR]
by dummyxj-si | 2005-03-27 22:43 | ニュースに的外れ


<< スト決行の理由がよく判らない 「レジェンズ」の後番組はトーク... >>