京都大原三千院の「不断桜」
春はもちろん、秋も冬も咲きつづける不思議な桜 | Excite エキサイト
この桜は11月に満開を迎え、冬の間も咲き続けて、春に再び満開を迎えるのだそう。つまり、1年に2回も満開を迎えるという世にも珍しい品種の桜なのだ。次々とつぼみをつけ、絶えまなく花が咲くことから「不断桜」と言われるようになったとか。
なので、秋には見事な紅葉と桜が同時に楽しめるほか、雪景色の中の桜など、ありえない光景が1年中展開されているという
これは品種の違いなのでしょうか。
コチラでTBいただいた「わいるどわ~るど」さん : かわいそうな桜?で「ドイツでは1ヶ月ぐらい咲き続ける」とのことでしたが、これはそれよりもっと強い品種なのでしょうかね。

…でも、春以外に桜の花を見るのは、きっと違和感があるでしょうねぇ…。
[PR]
by dummyxj-si | 2005-03-25 01:08 | ニュースに的外れ


<< 内村光良結婚 今日は「電気記念日」 >>