正確じゃない機械
数え間違う!?…米のとほほな小銭両替機 | Excite エキサイト
コインを入れると、自動的にコインをカウントして両替してくれるというマシーン「コインスター・センター」があるのですよ。
〈中略〉
モニター画面上のインストラクション従って(sic)、ふんふんと手順を進めていくと、最後に「合意しますか?」の質問。エ? 何に? よく読むと、手数料を取るらしい。しかも何となく 微妙な8.9%。あこぎな。
〈中略〉
待つこと1分。「へい、できやしたぜ」とでも言いたいのか、突然あっかんべーをするように、金額が記されたレシートが出てくる。
これをスーパーのサービスカウンターに持っていけば現金に変えてくれる。ほかには、デビットカードや携帯電話のプリペイドカードに変換でき、しかもこの機械を通じて、子供達の教育をサポートする団体などにに寄付もできる。簡単、便利、いいこともできる。の3拍子。すごいね。
ところが、この機械とんでもない曲者だった。数えまちがえるらしい。ニューヨーク・タイムスの記事によると、同じ量のコインを両替する実験を、何種類かの機械で実施したところ、一つとして正確に数えられたものはないらしい。
色々便利なシステムのようですが、一番重要な「コインの両替」に致命的な欠陥があるようで…。有料なのに、数え間違えるって、そんなのアリ?

…まだアメリカでは偽造コインの事件は起きてないのでしょうか? こんないい加減だと、簡単に誤魔化されるような気がするのですが…。そういう事件が多発したら、対応するのでしょうかね。
よければクリックしてね♪
[PR]
by dummyxj-si | 2005-03-23 15:53 | ニュースに的外れ


<< 「ウルトラ実験隊」… 運転は再開したようです >>