批判受け方針転換
主要ニュース : 銀行が原則的に被害補償=全銀協、批判受け方針転換
全国銀行協会(全銀協)の西川善文会長(三井住友銀行頭取)は22日の記者会見で、偽造キャッシュカードによる預金引き出し犯罪について、預金者に責任がない場合は原則として銀行が被害補償する方針を正式発表した。
カードの取引規定(約款)のひな型として全銀協が定めている「規定試案」を4月中にも改定する方向で検討、全国の加盟銀行に新規定の採用を促す。
とりあえず、ようやくですね。
批判されなきゃ判らなかったのかアンタら、ってのと、「預金者に責任がない場合は原則として」っていういくらでも拒否できる隙間のある言い回しってあたりが若干不安ですけど。
よければクリックしてね♪
[PR]
by dummyxj-si | 2005-03-22 19:40 | ニュースに的外れ


<< 順序、逆。 今フジテレビでやってる「海筋肉... >>