直接関係のない話
社会ニュース : <バッハ>幻の結婚カンタータ 全体像復元され世界初演

OLDゲーマーにとってバッハといえば“トッカータとフーガ”。コナミのアーケードゲーム「ジャイラス」のBGMがこの曲のアレンジだったから。
同様に、ベートーベンは“ムーンライトソナタ”。ゲームアーツのPC-8801mkIISR以降「テグザー」のタイトル曲だったから。

昔のゲームは版権の事情や認知度の都合もあってか、クラシック曲のアレンジをBGMにしたものが多いです(もっと昔は版権問題が緩やかで、今では絶対ヤバいものもあったりする)。
それを意図的に大量導入したので有名なのは、コナミ「パロディウス」シリーズ。ゲーム自体のテーマが「ゲームのパロディ」である本作は、BGMも有名クラシック曲のアレンジとなっています。
アーケード版「パロディウスだ!」のサントラは、その昔に一世を風靡した「フックト・オン・クラシックス」のような感じで、ゲーム本編を知らなくても聞いてて結構楽しめます。

よければクリックしてね♪
[PR]
by dummyxj-si | 2005-03-20 22:42 | まにあっくな的外れ


<< 水戸市民球場かぁ 確かに… >>