むしろ良かったのでは?
開幕前に原因が判明して。

社会ニュース : 内覧会でリニモ駅大混雑 アクセス問題早くも露呈

コチラでTBしたニュースで既に不安視されていた「輸送量の少なさ」の問題が、開幕前の内覧会で露呈された、というニュースです。
愛知万博(愛・地球博)の内覧会2日目となった19日、万博会場駅に向かう磁気浮上式リニアモーターカー「リニモ」と名古屋市営地下鉄が連絡する「藤が丘駅」(名古屋市)は、朝から大混雑となった。券売機の前に最大で1時間半以上の行列ができるなど、心配された交通アクセス問題が早くも露呈した格好だ。
内覧会の開門時刻が迫る午前9時すぎ、万博会場駅まで約12分の藤が丘駅構内では「大変混雑しており、安全管理のため入場制限しております」などとアナウンスが繰り返し流された。乗客からは「何分で乗れるのか」「シャトルバスにした方が正解だった」との声が聞かれた。
内覧会の段階でこんな状況じゃ、もっと多勢の人が来るであろう本番でどうなるのか…。

リニモ駅員の方々には、この経験を生かしてスマートかつスムーズな対応する方策を熟慮してほしいですね。
また万博運営側も、メインルートというわりに輸送量が少ないリニモをフォローするためにも、他の交通手段も含めて「どのルートを使うか」を判断するための情報を来場者に積極的に提示していくべきでしょう。
だって、「リニモだけで快適に往来できる」ような人数しか来訪しなかったら、万博は確実に失敗でしょう? だったらちゃんと考えないとね。

追記
続報です。リニモが止まってしまったそうです。
社会ニュース : <愛・地球博>内覧会、駅混雑 リニモもトラブル
リニモは19日午前9時20分、藤が丘駅と芸大通両駅でそれぞれ1編成(3両)が、乗客の重量オーバーで運行できなくなるトラブルが発生、全線に約5分の遅れが出て、万博来場者の藤が丘駅滞留に拍車をかけた。
運営する愛知高速交通公社によると、トラブル発生後、両駅では乗客の一部を降ろし、それぞれ約5分後に出発した。この影響で後続のダイヤが乱れたが、午後までには復旧したという。
リニモは、1両の総重量が27・5トン以上になると自動センサーによる重量検知装置が作動、運行停止する仕組み。車内に「今乗った方は今の扉から降りて、他の車両にお回りください」とのアナウンスが流れるが、この日は「(最後の乗客が)アナウンスの対象が自分だと分からず降りなかった」(同公社)という。
…運行停止システムは安全のためだろうから仕方ないですけど、でも何人もが退去して乗り込んだりするような混雑時には、最後の乗客が誰かなんて判らないと思いますが…。

恐れてた通り、この辺の交通事情を甘く考えてるみたいですね…。
想定入場者数15万人の半数以下で起きた混雑に対して、万博協会幹部は≪「想定の範囲内」≫なんてことをホザいておっしゃって、≪特に問題はないとの姿勢を崩していない≫っていうんじゃ…。わざわざやってきた来場者にそんな仕打ちしてたら、リピーターがいなくなるよ?
最初の数週間は大混雑、後はもうガラッガラなんてことにならなきゃいいけど。


《関連リンク》
エキサイトニュース:愛知万博特集
よければクリックしてね♪
[PR]
by dummyxj-si | 2005-03-19 15:39 | ニュースに的外れ


<< 本のプレゼントをやってるので 桁違いの支払い >>