大洗水族館かぁ…
社会ニュース : 「流氷の天使」が茨城沖に 大洗水族館が特別展示
貝殻を持たない巻き貝の一種で、国内では通常、北海道沿岸でしか見られないため「流氷の天使」とも呼ばれるクリオネが、茨城県大洗町沖で28匹採集された。大洗町のアクアワールド茨城県大洗水族館が、19日から特別展示する。
水族館によると、クリオネは体長数ミリ-数センチで、北極圏を中心とした北太平洋に生息する。同県水産試験場が今月10日、大洗港から20-40キロの沖合で漁業資源調査中に偶然、採集した。
今冬は北海道沿岸から南下する親潮の勢力が強く、10日の茨城県沖には例年より海水温が6-8度低い海域があった。同水族館は、クリオネが流されてきた可能性が高いとし「元気に泳いでいるので多くの人に見てもらいたい」と話している。

子供の頃、大洗は海水浴の定番で、大洗水族館にもその流れで何度か行ってましたっけ。
何しろ幼い頃のことなので大分記憶も薄れていますが、でっかい水槽(というかそのガラスの大きさ)に驚いてたような…タカアシガニを見たのもこの時だったっけかなぁ。
確か私が行かなくなってからリニューアルして、建物もだいぶ変わったらしいですが…何か機会があれば、また行ってみたいものです。
よければクリックしてね♪
[PR]
by dummyxj-si | 2005-03-18 17:05 | ニュースに的外れ


<< 嫌悪感を覚えるのは ねずみ男駅 >>