ねずみ男駅
社会ニュース : <雑記帳>鳥取に「ねずみ男駅」
◇鳥取県米子市のJR境線米子駅の愛称が17日から「ねずみ男駅」になった。米子は漫画家・水木しげるさん(83)の出身地、同県境港市の隣。
◇境線が発着する0(ゼロ)番線を「霊(れい)番ホーム」とし、ねずみ男を彫り込んだ駅名柱を設置。7月までに残り15駅にも別の妖怪の愛称を付ける。
◇「妖怪の街」としてPRしている境港市の玄関口として利用客増を狙うJR西日本は「妖怪のお客様も大歓迎。ただし切符の購入を忘れずに」。
今日(っつーか昨日)、確かテレ朝「ワイド!スクランブル」の“夕刊キャッチUP”でやってましたね。そこでは「米子駅の0番ホーム限定」と言ってましたが、駅の愛称が「ねずみ男駅」になるんですね。しかもJR境線の全駅にこういう妖怪の愛称を付けるんですか…どの駅にその妖怪を名付けるかでもめたりして(笑)。よければクリックしてね♪
[PR]
by dummyxj-si | 2005-03-18 01:23 | ニュースに的外れ


<< 大洗水族館かぁ… 今日は「精霊の日」 >>