公共施設内の有料トイレ
公衆有料トイレなんてあるんですね。恥ずかしながらこの記事を読むまで知りませんでしたよ。
でも…♂としては(大の方ならともかく)小用を済ますためにいくばくか金払うってのも…バカバカしい気がします。

生まれて初めて有料トイレに入ってみた | Excite エキサイト

東京駅構内の有料トイレのレポート記事です。→の写真はその有料トイレの外観とトイレ利用の対価となるコインで、写真右にある受付でコインを提示して使用する、というシステムのようです。

しかし…受付担当の方の≪「通常よりも掃除などがこまめにゆきとどいております」≫というお答えは…記事中でも≪突っ込みどころ満載≫と指摘されていますが、ねぇ。おばちゃんもすかさず「じゃあ有料じゃないトイレは行き届いてないの?」って聞けばよかったのに。そしたらたぶん言葉に詰まったと思うけどな。
そして有料トイレの実態は、正直あんまり金を払った意義が感じられるものでもないみたいで…となると、一体どんなメリットがあるのでしょう? ≪東京駅南口にあるチップ式有料トイレの子ども用は、機関車型で人気がある≫ぐらいならば納得できるかも知れませんけど。


んで記事最後の、秋葉の「ITトイレ」。
タッチパネルの導入なども含め、最新のIT技術が可能な限り詰めこまれる予定≫って…「ウォシュレットとか水流したりとかを備え付けのタッチパネルで操作」とか、「流す水の量を自動調整」とかいう程度じゃないのかなぁ(いやもちろんそれはそれでスゴいことですけど)。
…用を足してる間タッチパネルでニンテンドーDSゲームが遊べたりすると笑うなぁ。
人気blogランキング
[PR]
by dummyxj-si | 2005-03-07 01:18 | ニュースに的外れ


<< まだ「原器」を使ってるのはグラムだけ 刺激的な書名ですが >>