刺激的な書名ですが
主張もなかなか過激なようで…。

社会ニュース : <痛風>「ビールを飲んでも治る!」鹿児島大教授が自ら実験

そこまでしてでも酒飲みたいか…。

ところでこの調査、2年間という長期間ではあっても、教授一人だけのデータなんですよね…それって、信頼性があるのでしょうか?
それでこんな書籍にしちゃって、節制を勧められた患者がこの書籍の内容にすがって(更に都合よく誤解して)飲み続けたりしたら…ちょいと前の「ココア騒動」みたいなことにならなきゃいいですが。

でもそれより何より、病気に罹ってから≪初めて患者の苦しみを味わった≫(だからおそらくそれまでは、患者さんに「お酒は控えるように」などと言ってたはず)というこの教授の、「これからもビールを飲みたいがため」だけに、何とかして言い訳を探そう・作ろうとするその姿に、恐怖を覚えます。
人気blogランキング
[PR]
by dummyxj-si | 2005-03-07 00:43 | ニュースに的外れ


<< 公共施設内の有料トイレ 今日は「消防記念日」 >>